上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 SITE NAME : V O I C E http://voice.ivory.ne.jp/

 SITE MASTER : s a e さま

 STORY :
優等生の征は、同じクラスの遥のことが気になって仕方がない。けれども、女の子とつきあったこともない奥手の彼は、どうすれば彼女と親しくなれるかわからずに、ただ見つめているだけだった。綺麗だけれど、不思議と男っ気がない遥に心の中で安心していた征だが、友人の上原が、いとも簡単に遥とデートの約束をとりつけたことから、心穏やかではいられなくなる。


 INTRODUCTION:
作者さまが王道少女漫画を目指すといわれる、その言葉どおりの作品でございます。奥手だけれども誠実で、遥が大好きなこと隠さない征と、彼のことが好きなのに、なかなか素直になれない遥との日々を描いたラブストーリー。

主役の二人がとてもいいです。以前の恋で深く傷ついた経験がある遥は、自分に自信が持てない、一見そうはみえないけれども、かなり屈折した自虐キャラです。ツンデレ系とでもいうのでしょうか、征に対しても、彼の自分に寄せる思いに対しても、常にクール?に構えています。それでいて、その内面にガラスのような少女の繊細を抱えている遥は、痛々しくも切なく、時々いい加減にしろとしかりつけたくなるのですが、とにかく読者の心をひきつけます。一方、征は、思春期の娘を持つ母親にとって、娘の交際相手としてまさに理想的な男の子。優等生で、誠実というだけではなく、こんなに遥を思っているその一途さと純情にほだされてしまいます。ツンデレ?遥に翻弄されながらも、彼女への思いが変わらないのがいじらしいやら、可愛いやら、もう、とってもオバサマ(はっち)好みでありました(笑)。

素直にストレートに遥を思う征と、過去にうけた傷からまだ解放されない遥。つきあい出した二人は、思い合ってはいるのに、微妙に噛みあわなかったり、すれちがったりで、なかなか、ぴったりと寄り添うことができません。そんな二人の心情に重きをおかれ、また丁寧に説得力をもって描かれた作品ですので、二人の心が、ぎちぐはぐに、ずれはじめたシーンでは、じれじれはらはら、二人の心が近づくと、ほっと一息と、読者はいつの間にかこの物語にひきこまれてしまうのです。

それぞれが自らの心に語るシーンが多いのですが、彼らの思いは苦々しい部分さえも瑞々しく、そして印象的です。心情を吐露する独白の言葉ではあっても、決して子どもじみた幼い感情の垂れ流しに感じられないのは、そこに作者さまの冷静で大人の視点があるからこそと思います。であればこそ、イイ大人である私メも充分楽しませていただけました。シンプルな綺麗さがある絵の作風も、このナイーブでどこか透明感が感じられるある作品にとてもふさわしいと思いました。

★コミックファンの方へおすすめ 本館でご紹介のWEBコミックは こちら

 saeさまのサイトはこちら

VOICE

スポンサーサイト


 Entry Top   
INDEX

↑Page Top へPage top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。