上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↑記事先頭のこのページの目次へPage navi


拙宅でもご紹介した作品を公の場所で他の方にお薦めになる場合、拙宅の紹介記事の文章を引用なさる際には、ご連絡は不要ですが、「紹介記事より引用」の一言を何卒、お添えくださいませ。
(拙宅の名前は出さずとも結構でございますが、加えてくださったら嬉しいです。)

某他薦サイトで拙宅とかぶる作品紹介文がありますが、あれはパクっているわけでもそれを容認しているわけでもなく、管理人本人の推薦ですので誤解のなきようにお願い申しあげます。

スポンサーサイト
↑記事先頭のこのページの目次へPage navi


秋に読みたい大人のメルヘン特集ヘ秋に読みたい大人のメルヘン特集 Ⅰ ~
秋に読みたい大人のメルヘン特集ヘ

 SITE NAME : I’ErreuR  http://erreur.blog42.fc2.com/

 SITE MASTER : こ れ ゆ き 様

 STORY :

『 傾 国 』
むかし銀漆の髪持つ乙女がひとり
いくさ敗れた小国から連れられて
ちから権勢並ぶものなき宰相の
いとしむものになりました       

 ――傾国と呼ばれる美しいむすめのものがたり

『 螺旋階段 』
「百日の間、一日も欠かさずにこちらへ参られて下さいまし。
たとえ何があろうとも、決してお休みになられずに。
わたくしはその百日目に、あなたの剣に祝福を捧げましょう。」
――高き塔に住まう姫に恋した騎士のものがたり

――本編より一部抜粋

↑記事先頭のこのページの目次へPage navi


秋に読みたい大人のメルヘン特集ヘ秋に読みたい大人のメルヘン特集 Ⅱ ~
秋に読みたい大人のメルヘン特集ヘ

 SITE NAME : しずかな童話  http://marchen.noor.jp

 SITE MASTER : エ ミ 様

 STORY :

『 わたり犬 』
お互いをお互いの飼い主と定め、
旅を住みかに生きてきた、二匹の犬のお話
『 最後の数字 』
初めて習った数字に夢中になってしまった男の子と、男の子に、誰もみたことがないとういう最後の数字を見せてあげるといった女の子のお話
『 うわばみ妃 』
王様には10人のお妃様がいました
王様は10の宮殿を作り、それぞれにお妃様を住まわせていました
『 アルバート 』
「私を愛してくれないか?」
無知で非力な物乞いの少女と老伯爵のお話
『 性悪ウサギ 』 
気まぐれでふしだらで性悪なウサギと、
拝み倒して結婚したものの、ウサギのふしだらが許せないイヌのお話
『 翡翠のワニの物語 』
王の宮殿の美しい睡蓮の池には、鮮やかな緑のウロコを持っていたので翡翠のワニと呼ばれる1匹の大きなワニが住んでいました
翡翠のワニと、ワニの友達の王、ワニが助けた乙女のお話
『 図書館のドラゴン 』
私のパパの図書館には翼のあるドラゴンの司書がいる
『 金のライオン 』
草原で死んだ者の魂はやがて星になるという…
一人星を見つめる、強くて美しい金のライオンのお話

――本編より一部抜粋

↑記事先頭のこのページの目次へPage navi


秋に読みたい大人のメルヘン特集ヘ秋に読みたい大人のメルヘン特集 Ⅲ ~
秋に読みたい大人のメルヘン特集ヘ

アルファポリス絵本・童話大賞にエントリーされ、最終選考まで残った作品の中から、はっちが気に入った絵本スタイルの作品をご紹介致します。いやぁぁ~びっくり致しましたよん♪ノベルやコミック、イラストサイトさまは結構お邪魔しておりますが、このような、まぎれもない 『 絵本 』 の世界までもネットで堪能できるとは思ってもいませんでした。またもや目から鱗です。

十代の後半あたりから絵本にはまり、一時期は渋谷の童話家や原宿のクレヨンハウスに通いつめたこともあるはっち。月に一二冊の絵本を選んで買うのが楽しみだったなぁぁ~~。後々の大ベストセラー、ロングセラーの絵本を初版本で買ったというのが密かな自慢だったりします。とはいえ、内容が深い大人向け作品が多かったせいか、娘達が小さい頃にそれら私の自慢の蔵書をはりきって読み聞かせしても、反応が今一だったのでがっかりしたものです。彼女たちのウケは子どもの友のほうが、はるかによかった~(いや、薄っぺらい装丁だけど、あれは福音館の名作復刻が多くて、それはそれでいいんですが)

残念なことに、私メ自身の幼年時代には、丈夫そうな厚紙でできた絵本を手にした記憶はあっても、今のように芸術性もある美しさと深さのある絵本を読んだ記憶はありません。(と、年がばれる…(^^ゞ)だからこそ思春期の終わりに出会った絵本たちが一層衝撃的であり、印象深かったのだと思います。普通一般の小説やコミックはアマゾンなど通販での購入で一向に差し支えありませんが、絵本だけは手にとって、開いてみなければ買う、買わないは決められない代物です。となると、本屋の店先に最後の最後に残るのは、もしかしたら絵本かもしれませんね~?
↑記事先頭のこのページの目次へPage navi


以下の記事内容は、本館 Cocktail Break の記事をそのまま転記したものですが、放課後のCafe でも、ご紹介作品のご推薦については本館と方針を同じくしたいと思います。
よろしくご理解のほど、お願い申しあげます。

2008.9.20    放課後のCafe  管理人 はっち 拝



ご紹介する作品についてのご推薦は、作者さまによる自薦、読者の方からの他薦の区別なくご遠慮くださいますようお願い申し上げます。

おこがましくはありますが、ご紹介は、最初から最後まで、管理人たる私メの自発的なものであり、記事の内容、特に作品への感想や印象を述べた部分についても、作者さまを含めて他の方の干渉は一切受けていないという姿勢を明確にしておきたいが故であります。
何卒、ご理解くださいませ。
↑記事先頭のこのページの目次へPage navi


秋に読みたい大人のメルヘン特集ヘ秋に読みたい大人のメルヘン特集 Ⅳ ~
秋に読みたい大人のメルヘン特集ヘ

 SITE NAME : Tiny garden  http://www.geocities.jp/tinygarden1130/

 SITE MASTER : 森 崎 (もりさき) 様

 STORY :
高校卒業後、県外の大学に進学したかってのクラスメート伊瀬が前触れもなく突然キクを訪ねて来る。離れていたのはたった四ヶ月なのに、その外見の劇的な変貌ぶりに驚くキク。高校時代、キクは伊瀬に心ひかれながらも友人としての関係まで失ってしまうのを怖れて、最後まで打ち明ける勇気が持てなかった。その彼が、4ヶ月ぶりの帰郷にも関わらず、実家にも寄らずに直接キクの元を訪れたという。手紙の返事をださなかった無沙汰を詫びるためだという伊瀬だが、どうも様子がおかしい。次第に話がかみあわなった二人はその原因がとんでもないことにあったことに気づく――!。
↑記事先頭のこのページの目次へPage navi


↑Page Top へPage top

TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。