上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↑記事先頭のこのページの目次へPage navi


お願い ab48.gif
いらっしゃいませ。
こちらはオンライン小説・コミックが大好きな管理人はっちの新館、『 放課後のCafe 』であります。 本館 『 Cocktail Break 』 では大人の女性がカクテルを傾けながらお楽しみいただけるような、あるいはカクテルそのもののような快い酩酊を味わえるロマンとエロスの香り漂うオンライン小説やコミック・イラストサイト様をご紹介してまいりましたが、こちらはさしずめ、お茶の時間にふさわしい作品とでも申しましょうか――エロティックな雰囲気がさほどあるとは申せませんので、本館のコンセプトにはそぐわない、けれども充分に大人の女性の鑑賞に堪えうる力量と魅力のあるオンライン小説やコミック――現役の乙女の方も、かって乙女だった方も、お楽しみいただけるに違いない、胸がキュンとなるような、あるいは晴れ晴れと嬉しくなるような学園ものやファンタジーを主にご紹介させていただきたいと存じます。

イイ年をした大人になって今更中高生が好みそうな恋愛小説やコミックなど甘ったるそうで、読む気になれないし、楽しめるとも思えない、自分とかけ離れた年齢の主人公の恋物語など読むのは気恥ずかしい、(自分より子どもの方が年が近い!or 子どもと同年代じゃあないの~!)etc.、もしかして、かって乙女であられた大人の皆様はそう思われて、引いてしまわれるかもしれません―そのお気持ちは、よ~く、わかります。実は私もそうでありました。

けれども、もしも皆様が、私と同じように、少女の頃、少女漫画に心ときめかしたご経験がおありでしたなら、どきどきわくわくしながら主人公の恋の行方を見つめていたことが一度でもあったのであれば、どうぞ、騙されたと思って少しだけ覗いてみてくださいませ。かって少女漫画の世界に魅せられたお心の持ち主であれば、今も、その感性や感受性はお心のどこかで眠っているはずです。そしてそれを蘇らせるのは、決して恥ずかしいことではなく、むしろ喜ばしいことであると私は思います。

ご紹介のオンライン小説やコミック、そこには、かっての黄金期の少女漫画のエッセンスが凝縮されたような世界が広がっているのです。ご紹介作品をお読みになった皆様は、今のご年齢やお立場が、作品を楽しむのには、まるで障害にならないことにも気づかれるに違いありません。そして、青春の日々からどれほど遠ざかろうと、否、遠ざかったからこそ、あの懐かしくも切ない世界がご紹介作品の中に蘇り、そして再び、その世界を楽しみ味わうことができるご自身であることにきっと驚かれるはずです。

年齢を重ね、大人になればなるほど、心の潤いは得にくくなり、だからこそそれは、一層必要であります。職を辞して休養をせざるをえなかった時期、ふとしたことから読み始めたオンライン小説――その、かって少女の頃心ときめかした少女漫画に通じる瑞々しい世界に触れることで、私は癒され、徐々に心の潤いと活力を取り戻すことができました。ご紹介する作品世界を通じて、きっと皆様も、かって味わったのと同じ、あるいはそれ以上の潤いと癒しを得られることでしょう。そんな珠玉ともいえる作品と、それを紡いでくださった作者さまへの感謝と、心疲れることの多い大人の皆様にこそ読んでいただきたいという願いをこめて、作品をご紹介してまいりたいと思います。もちろん青春の最中におられるお若いお嬢様方も、ぜひぜひお読みくださいませ。

懐かしく慕わしい、切ない青春の日々へのしばしのタイムトリップ、『 放課後のCafe 』 がその窓口となれますことを心より願っております。

2008年初夏  放課後のCafe 管理人  はっち 拝  


 
 
お 願 い    
管理人からの報告のメールを受け取られていないという
作者さまは、  
こちら をお読みいただくようお願い申しあげます。

拙宅の紹介記事を引用なさる場合のお願い   
こちら 

ご紹介作品のご推薦はお断り申しあげます。詳しくは   
こちら
 
 

 

スポンサーサイト
↑記事先頭のこのページの目次へPage navi


 SITE NAME : 飴 玉 文 庫 http://kanro.ciao.jp/

 SITE MSTER : カ ン ロ さま

 STORY :
異形の瞳のせいで、魔物と呼ばれ、9年の間、穢れの塔に幽閉され、罪食いとして生きてきたユーリア。17才の誕生日を迎えた処刑の朝、彼女の心は静かだった。王女として生まれ、罪喰いとして生き、そして魔物として殺されるはずだった彼女だが、その朝出会った、一人の若き王によってその運命は変わった。

↑記事先頭のこのページの目次へPage navi


 SITE NAME : ビスカリア http://viscaria.ifdef.jp

 SITE MSTER : 汐 崎 雪 野 さま    【汐 崎 雪 野様】のご紹介作品一覧  本館のご紹介作品

 STORY :
「塔よ。我らの姫を守りたまえ」
滅び去った国に、ただ一つ残され、見捨てられた深紅の塔。伝説と哀歌に彩られたその塔を訪れた異国の傭兵ジャルディンは、金色の髪をした一人の少女、エトラと出会う。 滅んだ国と滅ぼした国、二つの王家の血をひくという美しい少女は傭兵に、深紅の塔と鳩、そして滅んだ国の最後の姫の話を物語る。

↑記事先頭のこのページの目次へPage navi


 SITE NAME : 傾 城 の 花 http://haruhi.fc2web.com/keisei/

 SITE MSTER : 菜 秀 さま

 STORY :
今、まさに滅びようとしている大国陽香。皇帝は既に斃れ、太子は敵に屈して自ら討たれた。皇子たちの多くもすでに鬼籍に入り、まだ命のある皇子たちも、遠からず父帝や兄太子と運命を同じくするのは避けられず、主を失った後宮では皇后と主だった妃が皇帝に殉じていた。傲慢な勝者は、陽香の男子皇族のことごとくを屠るだけでは飽き足らず、降伏の証として、美貌で名高い3人の公主のうち、一人を人質として献ずることを求めてきた。勝者の傲慢に、一番年若く、一番優れ、そして最も高貴な公主は、自らが赴くことを決心する。行かせまいとする姉たちに彼女はその真意を静かに告げる。
「わたくしは、慰み者になるためにかの国へ参るわけではありません」
人質として敵国へ渡れば、いずれは勝者の褥に侍らされることになるのは明らか。敵の褥に侍りながら時が満ちるのを待ち、そしてやがては、褥の主を討つつもりだという―すなわち暗殺。それは公主としてのありきたりの教育しか受けてこなかった姉たちにできるはずはなく、国の名を冠し、太子と同じ教育を受けてきたこの特別な公主にしか果たせないことだった。三人の公主が繰り広げる異世界歴史ファンタジー。
↑記事先頭のこのページの目次へPage navi


 SITE NAME : 時 折。 http://www.aa.alpha-net.ne.jp/tkmkk2/toki-ori/

 SITE MASTER : ト キ さま

 STORY :
大河流域に位置する砂漠の大国。
その王家の長子は、代々特別な体質を受け継ぐ。性別が定まるのは二十歳以降で、それまでの間はハーマフレディト、つまり両性具有体。
さらに、子孫を一人でも残す前には絶対に死なない。否、死ねない――。
即位して間もない美貌の新国王は、不毛な毎日と呪われた特殊体質に辟易し、死を夢想しながら、ただ漫然と過ごしていた。
しかし母国を滅ぼされ虜囚となった敵国皇子との鮮烈な出会いを経て、その運命は予期せぬ方向へと転がっていく――
↑記事先頭のこのページの目次へPage navi


 SITE NAME : Chocolate Cube http://choco.boy.jp/

 SITE MASTER : c h o c o さま     【本館CocktailBreak】でご紹介している【c h o c o様】の作品 本館のご紹介作品

 STORY :

モデルをしているクォーターの佐藤明良と、
外見にややコンプレックスありの平澤かれんとの、
同級生同士の恋愛ものがたりです。

――作者さま作品紹介文より

↑記事先頭のこのページの目次へPage navi


 SITE NAME : V O I C E http://voice.ivory.ne.jp/

 SITE MASTER : s a e さま

 STORY :
優等生の征は、同じクラスの遥のことが気になって仕方がない。けれども、女の子とつきあったこともない奥手の彼は、どうすれば彼女と親しくなれるかわからずに、ただ見つめているだけだった。綺麗だけれど、不思議と男っ気がない遥に心の中で安心していた征だが、友人の上原が、いとも簡単に遥とデートの約束をとりつけたことから、心穏やかではいられなくなる。
↑記事先頭のこのページの目次へPage navi


 SITE NAME : はなのうた http://hananouta.net

 SITE MASTER :  koubou薫yuki 様  

 STORY :
宙(そら)のクラスにバスケで全国ベスト8に入ったチームのエース、平塚草馬が転校してきた。バスケ大好き少女の宙は、オーラを放つ草馬のプレイを身近に見たくて、なんとかバスケ部に勧誘しようとする。けれども、強豪チームにいた自負か、転校前の学校の仲間への思いいれが深すぎるのか、草馬はその誘いを断る。人を寄せ付けない雰囲気を匂わせ、中々クラスにも馴染もうとしない草馬をみかねた宙は、入部をかけた勝負を申し込むのだが――。
↑記事先頭のこのページの目次へPage navi


↑Page Top へPage top

TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。